LAP Computer Managed Instruction Series
 
SINCE 1987  おかげさまで30年 / 製品の人気を支える有用機能
 本ソフトは、1987年来の教務用ソフト開発のノウハウを基盤とした、学校帳票専用の作成ツールです。
 
         


























  
 


導入後のシステム構築について



本システムのデータ管理法について



パラメータ記述式について(1)



パラメータ記述式について(2)



パラメータ書式の編集機能について



通知表印刷の行われ方について   



選択教科の取り扱い方について



家庭への連絡など、文章データの取り扱いについて



家庭への連絡など、文章データの印刷について    



校章や学級の記念写真などの画像組み込みについて     



WEBページ型の活用マニュアルについて

 

パラメータ書式の草稿を、自動的に書き出してくれるというのは、大変ありがたい機能です。

これに、必要な事柄を記述するということですが、この作業を行う際にどのような機能が利用できますか。
パラメータを編集していただく領域は下図の通りで、縦幅は、3段階で調整することができます。こちらから、入力ウィンドウの全体がご覧いただけます。


  

1.正誤チェック機能

編集時の機能として、はじめに、「正誤チェック」機能を紹介します。

これは、記述の仕方に誤りがある場合、下図のように、その内容と対象の行を指摘する機能です。

これにより、規約に合わない記述や誤記を防ぐことができます。

  

2.コードなどの彩色機能

次に、パラメータ書式を見やすくする機能を紹介します。

例として、下に必修教科の評価を印字する書式を掲げていますが、書き出しが
(')の行は、本システムが自動で書き出す注釈文です。

下図の上方の表示法では、この注釈文と書式が同色であるため互いの区別がつきにくく、また、書式の中でも、どれがコマンドで、どれがデータコードか分かりにくくなっています。

こうした点を配慮し、本システムでは、要所を色で区切って明示することを重点に、キーキャラクターやコードに彩色処理を施す機能が装備されています。
  

  

3.書式内容をプレビューに反映させる機能

最後に、プレビュー機能を紹介します。

書式を記述した結果については、同じ画面から、直ちにプレビュー領域に描画して確認することができます。

ここでのプレビューは、文字列の配置などを確認するという重要な役割を持ちますので、極小(下図参照。実物大)ながら、プリンタ出力の体裁が微細に再現されるように図られています。


   
また、下図またはこちらからご覧いただける「スーパープレビュー」は、印刷と同じ体裁で、通知表の様式に生徒データを描画しますので、印刷本番を前にして、最終チェックを行うのに有用です。

「スーパープレビュー」の機能は、次の通りです。

○プレビューウィンドウから、直接、取り扱い対象の生徒を指定することができます。
  
○スクロール位置を固定したまま、次に取り扱う生徒のプレビューに切り替えることができます。
  
○データの色を、罫線や様式と異なる色で描画することにより、データチェックが大変行い易くなります。
この色指定を、プレビューウィンドウから、直接、行うことができます。

本機能の活用により、生徒データのチェックをプリンタを介さずに行えますので、印刷本番前のデータ露出を最小限に抑えることが可能となります。
        
詳しい製品情報が好評です! 選ぶなら、やっぱり、LAP CMI シリーズ。

学校用コンピュータソフト開発・販売 (有)ラップエディックソフト 
(Tel) 03-3585-4429、022-366-4405 http://www.laphouse.com
  
Copyright(C) 2005-2017  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.  <tx-project.com>