ホームページ・総合情報センター
LAP Computer Managed Instruction Series
 
SINCE 1987  おかげさまで30年 / 製品の人気を支える有用機能
通知表まるごと作成プロジェクト
機能紹介 PLUS 技術情報 作成講座 出席管理 カタログ 価格表 ダウンロード
 本ソフトは、1987年来の教務用ソフト開発のノウハウを基盤とした、学校帳票専用の作成ツールです。
役立ち技術情報
  
さなまざな所見の印刷に関する設定の行い方を、印字例を掲げて説明しています。
  掲載の画像は、イメージプレビューからのものです。



【 横 書 き 】

【 縦 書 き 】

他の文字列と同様、所見についても、禁則処理を伴った横書き(左-上図)と縦書き(左-下図)が可能です。

配置型の設定

図でご覧いただくように、文字配置型の設定は、横書きの場合は[左寄せ(設定値=2)]、縦書きの場合は[上寄せ(設定値=2)]が適しています。

罫線を引く場合の設定

左の( A )、( E )は、文字間に、点線(または実線)を自動で引く例を示したものです。

この場合は、行間の間隔を等しくするために、所見の入力ウィンドウから行う設定で、[枠内スペース]を[ 0 ]にします。

しかし、[ 0 ]に設定した場合は、左右が枠に接して窮屈になりますので、図に示すように、横書きの場合は[x1/x2]のパラメータの中で、縦書きの場合は[y1/y2]のパラメータの中で、[ f ]を使用してスペースを取るようにします。

罫線を省略した場合

これに対して、( B )、( F )は、線引きを省略した例です。

この場合、[枠内スペース]の設定が[ 0 ]では、枠に接して窮屈になりますので、所見の入力ウィンドウから、適当な値を設定してスペースを取ります。

従って、線引きを省略した場合は、( A )、( E )のように、[x1/x2]、[y1/y2]のパラメータの中で[ f ]の記述は不要となります。

フォント関連の設定

フォントやフォントの大きさ、強調印字の設定は、パラメータ書式の中で行います。

( C )、( G )に見るように、任意のフォントを設定して印刷することなどが可能ですが、設定の仕方について、詳しくは、活用マニュアルをご参照ください。

「行あふれ」について

各種所見は、文字列を何行で印刷を行うかの設定が可能ですが、設定の仕方によっては、( D )、( H )のように、枠内にすべての文字が収まらない「行あふれ」が生じます。

こうした場合のために「
行あふれチェック」機能が用意されていますので、本番の印刷を行う前に、必ずチェックを行ってください。

「行あふれ」が発生している場合は、次の方法で対処し、
改めてチェックを行います。

【対処法】

所見データの入力ウィンドウで行数を増やします。

または、パラメータ書式の中で、フォントの大きさを調整します。

あるいは、スペースの広さを調整します。

詳しい製品情報が好評です! 選ぶなら、やっぱり、LAP CMI シリーズ。

学校用コンピュータソフト開発・販売 (有)ラップエディックソフト 
(Tel) 03-3585-4429、022-366-4405 http://www.laphouse.com
  
Copyright(C) 2005-2017  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.  <tx-project.com>