LAP Computer Managed Instruction Series
 
SINCE 1987  おかげさまで30年 / 製品の人気を支える有用機能
 本ソフトは、1987年来の教務用ソフト開発のノウハウを基盤とした、学校帳票専用の作成ツールです。
         


























  
 


PLUS版で作成できる帳票について

学年・学級型の帳票/生徒単位型の帳票




一覧表の作成(1)

作成できる表スタイルについて/通知表作成のスキルを生かして/
BeginSerial〜EndSerial




一覧表の作成(2)

教科別一覧表の作成について/評定分布表の表記について




一覧表の作成(3)

素点データの管理について/素点を含めた一覧表の作成




生徒単位の帳票(1)

取り扱い年次の指定/評定の加法と乗法/選択教科の複数年累積成績について



生徒単位の帳票(2) 

観点内容の代替文字列を表記する/学籍関連のデータについて



帳票の印刷について

作成できる帳票の数について/帳票印刷の手順



志願者検索の結果を反映させた帳票の作成

「高校受験32」との連携処理/志願者検索の方法について

 

通知表の場合は8ページ分のパラメータ書式を記述することができますが、PLUS版では、学年・学級単位の帳票と生徒単位の帳票を、それぞれいくつまで取り扱うことができますか。
パラメータ入力、または、印刷対象を選択するためのリストに収めることができるのは、学年・学級単位の帳票(一覧表)が10、生徒単位の帳票が10で、計20になります。

ただし、パラメータ書式を任意のソフトにテキストとして控え、リスト内容を差し替えながら作業を進めていただければ、扱える帳票の数は無制限となります。
  
学年・学級単位の帳票と生徒単位の帳票の印刷は、それぞれどのように行いますか。
まず、帳票の縦、横スタイルについてですが、これは、帳票ごとにパラメータ入力の時点で設定を行います。

印刷の際のオリエンテーション(印刷方向)は、この設定に準じます。
帳票の印刷は、専用の印刷ウィンドウから行います。

印刷ウィンドウでは、はじめに、パラメータの入力を完了した中から、印刷対象の帳票を選択します。

選択した帳票が、教科別の場合は、左のパネルが表示されますので、対象となる教科を選択します。
この時点で、プレビューと印刷が[単独モード]で可能となりますので、印刷対象の学級を1クラス、または、生徒を1名選択します。

学年・学級単位の帳票において、生徒データを含まない帳票の場合は「学級を指定しない」を選択します。
連続印刷は[連続モード]から行います。

連続印刷の前に、環境設定
の内容を確認します。
 
帳票の場合、多くは、[印刷時点]に関して「毎学期印字」でパラメータを記述することになりますが、こうした場合は、印刷ウィンドウにおける[印刷時点]の設定は無視して構いません。
PLUS版では、一覧表の連続印刷はどのように行われますか。

  

帳票を印刷するためのあらゆる情報がパラメータ書式に組み込まれますので、連続印刷は、次のように、教科と学級を指定するだけで自動的に行われます。

たとえば、上のような教科別一覧表の印刷を、次の設定をもとに行った場合、


  (1) 教科指定で、国語と理科を選択
  (2) 学級指定で、全学級を選択

まず、国語科について、すべての学級の一覧表が印刷され、引き続き、理科について、すべての学級の一覧表が印刷されます。
         
詳しい製品情報が好評です! 選ぶなら、やっぱり、LAP CMI シリーズ。

学校用コンピュータソフト開発・販売 (有)ラップエディックソフト 
(Tel) 03-3585-4429、022-366-4405 http://www.laphouse.com
  
Copyright(C) 2005-2017  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.  <tx-project.com>