LAP Computer Managed Instruction Series
 
SINCE 1987  おかげさまで30年 / 製品の人気を支える有用機能
 本ソフトは、1987年来の教務用ソフト開発のノウハウを基盤とした、学校帳票専用の作成ツールです。
         


























  
 


PLUS版で作成できる帳票について

学年・学級型の帳票/生徒単位型の帳票




一覧表の作成(1)

作成できる表スタイルについて/通知表作成のスキルを生かして/
BeginSerial〜EndSerial




一覧表の作成(2)

教科別一覧表の作成について/評定分布表の表記について




一覧表の作成(3)

素点データの管理について/素点を含めた一覧表の作成




生徒単位の帳票(1)

取り扱い年次の指定/評定の加法と乗法/選択教科の複数年累積成績について



生徒単位の帳票(2) 

観点内容の代替文字列を表記する/学籍関連のデータについて



帳票の印刷について

作成できる帳票の数について/帳票印刷の手順



志願者検索の結果を反映させた帳票の作成

「高校受験32」との連携処理/志願者検索の方法について

 

PLUS版では、各試験の素点も取り扱うことができるのですか。

評定などと同じく、素点も、すべての学年次のものを同じ媒体に収録し、管理できればいいと思っていました。


「通知表まるごと作成プロジェクト」では、入学年度ごとに、種々のデータを一極管理することが可能ですが、PLUS版では、さまざまな試験の素点も、生徒1人あたり最大12年次分まで収録することが可能となりました。

収録は、データを圧縮し、極小のファイルサイズで行われます。

素点の入力は、ENTERキー不要の環境下で行うことができ、入力の際、リアルタイムで、生徒ごとの合計・平均、および、教科の分布グラフが表示されます。

また、入力画面から直接、統計値とグラフ表示のウィンドウを呼び出して活用することができます。

本ソフトのみで試験処理を行うには力量不足ですが、素点は、ワークシートからクリップボードにコピーできますので、弊社開発の成績処理システム「ST.WORKER32」などの手馴れた専用アプリケーション側に、簡単にデータを受け渡すことができます。
こちらのC型で一覧表を作成した場合、評価や評定とともに、素点データも一覧表に表記できますか。
はい、試験データで一覧表に表記できるのは素点のみですが、PLUS版には、これを扱うためのコード[ZPFD_"試験名称"]が用意されています。

たとえば、下の一覧表においては、次のパラメータ書式を記述することで、「第1回実力試験」の9教科素点および、3種の合計と平均点を印字することができます。

\
3/ h/ 4to18/ 5to19 - f4/ 35/ 36/
      setdata_E
ZPFD2to16_"第1回実力試験"/ 1

         
詳しい製品情報が好評です! 選ぶなら、やっぱり、LAP CMI シリーズ。

学校用コンピュータソフト開発・販売 (有)ラップエディックソフト 
(Tel) 03-3585-4429、022-366-4405 http://www.laphouse.com
  
Copyright(C) 2005-2017  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.  <tx-project.com>